• RSS

[Mac]WinArchiver Lite で「errno = 35」が表示される場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WinArchiver Lite を使ってファイルを圧縮させようとすると「errno = 35」というエラーが表示されてしまう場合の解決方法のご紹介です。

WinArchiver Liteで「errno = 35」が表示される場合

errno = 35は「圧縮しようとしているファイルが現在起動中であるために圧縮できません」というエラーのようです。


例えばエクセルファイルを圧縮しようとした場合、対象のエクセルファイルを開いたまま(編集中のまま)WinArchiver Liteで圧縮しよううとすると、errno = 35が出てしまうようです。

ですので、編集中のファイルを保存して終了した上で、再度圧縮すれば正常に処理が行われるかと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください