• RSS

無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

無料で使えるCDN サービス「CloudFlare」を導入した際の手順を備忘録でまとめました。

「CloudFlare」は、ブログ内の画像ファイルなどを複数のサーバーにキャッシュさせることで、ユーザーからのアクセスに応じて最適なサーバーから提供させるという負荷分散の仕組みで、これによりブログ本体のパフォーマンス向上が期待できると言われています。

今回はムームードメインで管理したドメインのネームサーバーを、CloudFlare のネームサーバーに変更する方法のご紹介です。

CloudFlare の設定

CloudFlare へアクセスして「Sign up now!」ボタンクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法


アカウントの作成

まずはCreate your CloudFlare account ページより新規にアカウントを作成しますので、メールアドレスやユーザー名、パスワードなどを入れて「Create account now」ボタンクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

WEBサイトの登録とDNSレコードのスキャン

続いてAdd a website ページより、お持ちのブログのURLを入力して「+Add website」ボタンクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

暫く待っているとページ下部に「Scan complete」と表示されますので、「Continue」ボタンクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

DNSレコードの構成

Configure your DNS records ページにて、A、mx などのDNS レコードが表示されますので確認します。もし不足しているレコードがあればページ下部のフィールドより必要な情報を入力、選択して「Add」ボタンクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

問題なければページ右下の「I’ve added all missing records, continue」をクリックして、レコードの設定は完了です。


初期設定

レコード設定が終わったら、Settings for ページにて登録したブログの初期設定を行います。

まずはプランを選択しますが、今回は無料版を使うので「Free」を選択します。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

※ちなみにフリープランでは、SSL通信 が出来ません。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

続いてPerformance ですが、一旦デフォルトの設定(CDN + basic optimizations)でいってみます。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

Securityも、一旦デフォルトの設定(Medium)でいってみます。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

最後にページ右下の「Continue」ボタンをクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

Update your name servers ページに表示されるネームサーバー情報を、ご利用のドメインレジストリ(今回はムームードメイン)で書き換えますのでコピーしておきます。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

ムームードメインでのネームサーバーの変更

ムームードメインへアクセスし、ログイン後にコントロールパネルのドメイン詳細ページから「ネームサーバ設定変更」へと進み、「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

ページ下部の「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」にチェックを入れます。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法

ネームサーバー1、2のフィールドに、先のCloudFlare のネームサーバーを入力して「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックします。
無料で使えるCDN「CloudFlare」の導入方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください