• RSS

[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投稿画面などででPHP を実行できるWordPressプラグインが「Exec-PHP」です。

他にも runPHP のような同じ機能を持ったプラグインがありますが、Exec-PHP はテキストウィジェットでもPHPを実行できるので、ウィジェットを多用するブログやサイトの場合は是非いれておきたいプラグインではないかと思います。

Exec-PHP のインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面よりExec-PHP を検索するか、以下のサイトよりプラグインファイルをダウンロードします。


ユーザー画面での設定

Exec-PHP を有効にするだけだと投稿画面でエラーが発生しますので、
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

管理画面のユーザー画面に移動し「Exec-PHP Settingss」にチェックを入れます。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

PHPのプログラムコードを投稿

あとは投稿画面にPHPのコードを書いて実行してみます。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

フロント画面で見るとこんな感じですね。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

ちなみに Exec-PHP を無効にすると、PHPのプログラムコードが文字列としてそのまま表示されます。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

テキストウィジェットで Execute PHP を利用

Execute PHP の設定ページで「Execute PHP code in text widgets」にチェックを入れると、テキストウィジェットでも PHP のコードを実行できるようになります。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

ウィジェットページに移動して、テキストウィジェットにPHPのコードを書いてみます。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

サイドメニューにもうまく表示できました。
[WP]投稿記事でPHPを実行できるWordPressプラグイン「Exec-PHP」

runPHP との違い

投稿記事でPHP を実行するプラグインには runPHP というプラグインもありますが、違いは以下の通りです。

runPHPExec-PHP
記事毎にPHPを実行するかどうかを選択できる。
記事別に使い分けるには便利。
プラグインを有効にするだけで常にPHPを実行。
PHPを記事内で多用する場合は常時実行の方が便利かも。
ウィジェットでは利用できないので、
他のプラグインも入れないといけない。
テキストウィジェット内でもPHPを実行できる。


※どちらのプラグインも更新が止まっているので利用の際には注意しないといけませんが、WordPress 3.5 で両方のプラグインを入れて動かした感じでは、動作面では問題なさげです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.