• RSS

[WP]投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPress の投稿記事やカスタム投稿、固定ページの情報などをテキスト形式でエクスポート可能なプラグイン「Export to Text」のご紹介です。

Export to Text プラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加ページより Export to Text を検索するか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。


Export to Text による記事のエクスポート

Export to Text プラグインを有効化したら、管理画面左メニューの「ツール」に「Export to Text」のメニューが出現しますのでクリックします。
投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

Export to Text ページに遷移しますので、エクスポートに関する各種設定を行います。
投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

Authors

Authors: で著者の選択を行います。
選択した著者を含める場合は「Include」、選択した著者を除外する場合は「Exclude」にチェックを入れます。

Post Types

Post Types: で投稿、固定ページなどの投稿タイプを選択します。
上記図では記載がありませんが、カスタム投稿タイプにも対応しています。

Statuses

Statuses: で記事の公開状態を選択します。

Publish「公開記事」
Pending「承認待ち記事」
Draft「下書き記事」
Future「予約投稿記事」
Private「非公開記事」
Trash「ゴミ箱の記事」

例として、公開済みの記事と下書きの記事をエクスポートしたい場合は「Publish」と「Draft」にチェックを入れます。


投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

Category

Category: で特定のカテゴリを含めたり、除外することが可能です。

Post Tag

Post Tag: もCategory 同様、特定のタグを含めたり除外することができます。

Custom Field

Custom Field: ではカスタムフィールドの出力に関する設定を行います。

「Equal(条件に一致する)」か「Not Equal(条件に一致しない)」をラジオボタンから選択しますが、「Equal」にチェックが入った初期状態のまま「Name」「Value」の各フィールドを空値にすることで、すべてのカスタムフィールドが出力されます。


投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

Select And Reorder Data To Generate

Select And Reorder Data To Generate: で、エクスポートするフィールド(項目)を選択します。


記事をテキスト形式でダウンロード

記事をテキスト形式でダウンロードする場合は、Export to Text ページ右上の「Downloads as TXT file」ボタンをクリックします。

また、ダウンロード前にプレビューしたい場合は「Generete preview(max10)」ボタンをクリックします。
投稿や固定ページをテキスト形式エクスポート可能なWordPress プラグイン「Export to Text」

ちょっとした注意点

エクスポートしたテキスト形式のファイルをCSVに成型しやすいため、Export to Text は非常に便利なプラグインなのですが、

プラグインファイルがしばらく更新されていない点と、複数のカスタムフィールドが1つのフィールド(項目)にまとめて出力されますので、大量のカスタムフォールドを利用しているブログの場合は、やや煩雑になってしまうかな…という印象です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.