• RSS

[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

固定ページや投稿画面内でPHP を実行できるWordPressプラグインが「runPHP」です。

前回紹介させていただいた Exec-PHP と同じ機能を有していますが、runPHP は記事やページ毎にPHPを実行するかどうかを選択できるので、「どうしてもこのページにはPHP のコードを書かないといけない…」という場合に、ピンポイントで役に立つプラグインだと思っています。

runPHP のインストール

以下のサイトより runPHP のプラグインファイルをダウンロードします。


runPHP を有効にするだけで、記事の投稿画面に「run PHP code?」のチェックボックスが出現します。
[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

runPHP のよるPHPの実行

記事の投稿画面に「run PHP code?」のチェックボックスを入れて、簡単なPHP を実行してみます。
[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

フロント画面をみるとこんな感じ。
echo で出力した「Hello world」の文字列が正常に表示されています。
[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

ちなみに「run PHP code?」にチェックを入れなければこんな感じ。
PHP のコードが文字列としてそのまま出力されるみたいなので、上手く動いてくれません。
[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

Exec-PHP との違い

投稿記事でPHP を実行するプラグインには、他にも Exec-PHP というプラグインもありますが、違いは以下の通りです。

runPHPExec-PHP
記事毎にPHPを実行するかどうかを選択できる。
記事別に使い分けるには便利。
プラグインを有効にするだけで常にPHPを実行。
PHPを記事内で多用する場合は常時実行の方が便利かも。
ウィジェットでは利用できないので、
他のプラグインも入れないといけない。
テキストウィジェット内でもPHPを実行できる。


※どちらのプラグインも更新が止まっているので利用の際には注意しないといけませんが、WordPress 3.5 で両方のプラグインを入れて動かした感じでは、動作面では問題なさげです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください