• RSS

[WP]自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投稿記事内の<h>タグ(見出し)から目次リンクを自動で生成、表示してくれるWordPress プラグイン「Table of Contents Plus」のご紹介です。

Table of Contents Plus のダウンロード

管理画面のプラグイン新規追加より Table of Contents Plus を検索するか、以下のページからプラグインファイルをダウンロードします。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」


Table of Contents Plus の設定

Table of Contents Plus プラグインは、有効化するだけで投稿ページなどに目次が表示されるようになりますが、目次部分のデザイン変更など、管理画面からいくつか設定を行うことが可能ですので、管理画面左メニューの「設定」>「TOC+」へ進みます。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

Table of Contents Plus ページへ移動しますので、以下の「基本設定」を中心に、必要な設定を行っていきます。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

基本設定

まずは基本設定です。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」
位置:
目次の表示位置です。初期値は「最初の見出しの前」です。

表示条件:
「4つ以上見出しがあるとき」が初期値ですので、こちらの値は記事本文の見出し(<h>タグ)の数に応じて調整してみてください。

以下のコンテンツタイプを自動挿入:
目次を表示する投稿タイプを指定します。

見出しテキスト:
目次内のタイトルを変更することができます。
また、「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」欄にチェックを入れた場合、目次の表示/非表示を切り替えられるようになります。「最初は目次を非表示」にチェックを入れると、目次は閉じた状態で表示されます。

階層表示:
目次の階層表示に関する設定です。チェックを入れると、以下のように見出しが階層表示になります。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

番号振り:
目次の文頭に1、2…などの番号を振ります。

スムーズ・スクロール効果を有効化:
チェックを入れると、目次のリンクをクリックした時に、本文の見出しまでスムーススクロールで移動します。


外観

目次部分の初期デザインは以下のようなものですが、
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

Table of Contents Plus ページの「外観」よりデザインを変更することができます。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

横幅、回り込み設定、文字サイズ、プレゼンテーションの各設定を変更します。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

また、プレゼンテーションを「カスタム」にすると、背景色、ボーダー色、タイトル色、リンク色、マウスオーバー時のリンク色、閲覧済みのリンク色の各種カラーを変更することができます。
自動で目次を生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください