• RSS

[WP]過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPress の過去の投稿記事を、指定した時間間隔で自動でTwitter にツイートしてくれるプラグイン「Tweet Old Post」のご紹介です。

Tweet Old Post プラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加ページより Tweet Old Post を検索するか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン


Tweet Old Post プラグインを有効化したら、WordPress 管理画面左メニューの「Revive Old Post」をクリックします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Tweet Old Post の設定

Tweet Old Post はかなり細かい設定ができるのですが、今回はいくつかのポイントに絞ってご紹介致します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Twitter Login

まずは最初にTwitter アカウントの認証を行うために「Add Account」ボタンをクリックします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Twitter のアプリ認証画面に遷移しますので、「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

アプリケーションの認証が終われば、WordPress の管理画面に戻ります。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン
※Facebook、Linkedin も利用できるようなので、必要に応じて設定してみてください。


Post Content

ツイートする投稿内容を選択します。
ツイート本文にタイトルのみを掲載する場合は「Title Only」にします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Additional Text

投稿内容とは別に、ツイート本文にテキストを追加することができます。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Additional Text At

のツイート本文の追加テキストを表示する場所(投稿内容の前か後ろか)を指定することができます。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Include Link

ツイート本文に投稿記事のリンクを含めるかどうかを指定することができます。
また、Include Link の下の「Fetch URL From Custom Field」にチェックを入れると、カスタムフィールドのURLを利用している場合もツイート本文に含めることができます。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Use URL Shortner

短縮URL を利用する場合は「Use URL Shortner」にチェックを入れ、
「URL Shortner Service」より利用したい短縮URL サービスを選択します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Hashtags

ツイート本文にハッシュタグを付けるかどうかを選択します。
記事のカテゴリーをハッシュタグにする場合は「Create hashtags from Categories」にします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Minimum interval between shares

ツイートの最小時間間隔を指定します。
「4」であれば、4時間間隔で自動ツイートします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Minimum age of post to be eligible for sharing

記事が公開されてからどのくらいの期間が経ったモノをツイート対象に含めるかを設定します。
「30」であれば30日です。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Number of Posts to share

一回のツイート件数を指定します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Share old posts more than once

過去の投稿記事を2回以上ツイートするかどうかを指定します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Exclude Specific Categories

ツイートから除外したいカテゴリーを指定します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

設定内容の保存と自動ツイートの開始

上記の設定内容を保存する場合は、ページ下部の「SAVE」ボタンをクリックします。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

また、一番右端の「SEE SAMPLE POST」ボタンをクリックすることで、ツイートのイメージ(プレビュー)を確認することが出来ます。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

ツイート内容に問題がなければ、「START SHARING」ボタンをクリックして自動ツイートを開始します。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

「Revive Old Post is set to post on a 4 hours interval, and the next share will take place in: Your post was just sent to social networks servers, wait 15s for a confirmation below. Refresh the page to see when the next one will be posted.

Congrats! Your last post was revived successfully」

などのように表示されればOKです。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

実際のツイートがこちらです。
過去の投稿記事を自動でTwitter にツイートできる「Tweet Old Post」プラグイン

Tweet Old Post でうまく自動ツイートされない場合

環境にも依るのかもしれないですが、Tweet Old Post プラグイン導入当初は指定した時間間隔でうまく自動ツイートされていたのですが、ある日を境にツイートされなくなりました。

Revive Old Post 設定ページの「STOP SHARING」ボタンをクリックして自動ツイートを一旦停止し、再度「START SHARING」をクリックしてツイートを再開したら復活しましたが、

それでも、うまくツイートできない場合は、wp-config.php に以下の記述を追加することで、自動ツイートができるようになる場合もあるようです。
/*予約投稿が失敗するときの代替Cron 対策*/
define('ALTERNATE_WP_CRON', true);



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント