• RSS

[Mac]TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

通常は1時間ごとに実行されるTimeMachineによるバックアップを、自分の好きなタイミングで実行するように設定変更することができるMac のアプリケーション「TimeMachineEditor」のご紹介です。

TimeMachineEditor のインストール

以下のページからTimeMachineEditor をダウンロードしてMac にインストールします。


TimeMachineEditor の設定

TimeMachineEditor のインストール後、起動したら以下のような画面が開きますので、まずはBack up:から「不使用時」「インターバル」「カレンダー」のいずれかを選択します。
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

「不使用時」はコンピュータを使っていない時のバックアップについての設定です。
Do not back up from: に指定した時間帯はバックアップを実行しません。
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

「インターバル」では時間、日、週ごとのバックアップ実行回数を指定することができます。
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

最後に「カレンダー」では、日毎ごとのバックアップ実行時間を指定することができます。
また、バックアップ実行時間は複数設定可能です。
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

TimeMachine の自動バックアップの停止

TimeMachineEditorのバックアップ設定が完了したら、TimeMachineの自動バックアップ設定をオフにしておく必要があります。

「システム環境設定」 > 「TimeMachine」へ進み、
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」

「バックアップを自動作成」のチェックを外します。
TimeMachineのバックアップを任意の時間に実行できる「TimeMachineEditor」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください