• RSS
loading 画像が簡単に作れるサービス「Ajaxload」

ページを下までスクロールすると「次の記事を読み込む」というボタンがあって、クリックしてくるくる歯車が回って…

最近はこのようサイトをよく目にしますが、そのくるくる回るloading 画像を1から用意する、ってなると結構手間がかかるので、好きな色や画像タイプを選ぶだけで簡単にloading 画像を生成できる Ajaxload を利用すると作業が捗ります。
続きを読む

[CSS]Opacityではなく、RGBaで透過を指定することで文字の透過を防ぐ

CSS の opacity プロパティで透明度を調整できますが、

「背景を透明度50%にしたい」

と思って opacity を使うと、背景だけでなくその上に載っているテキストや画像まで透明度が落ちてしまいます。(´・ω・`)

「背景だけ透明度を落としたいんだよ!!」

という場合は、CSSファイルで opacity ではなく RGBa を利用します。
続きを読む

[WP]WordPressで「ピンバック」を送受信しないようにする方法

「ピングバック」とは、WordPress の投稿記事内に掲載したリンク先へ自動送信される仕組み(通知機能)のことです。

ピングバック送信先のブログが WordPress で、しかもピンバックの受取許可を行っていれば「ピンバックが承認待ちです。」といメールで通知されます。
続きを読む

<a href=> に javascript:void(0) を指定する際の注意点

void(0) は「何も処理しない」という時に使用します。

a タグの href 属性ではリンククリックを無効化(処理しない)して、onClick 属性に書かれたスクリプトを実行する、なんて使い方が多いと思います。
続きを読む

[CSS]iframeを使わず、CSS で擬似インラインフレームを作成する方法

iframe そのものを使うコトがほとんど無くなりましたが、ボックスにスクロールバーが付いた iframe 的な見せ方はまだまだ健在です。

やり方としては、まずは親要素を指定の幅や高さで固定し、要素内のコンテンツがはみ出した部分は overflow を使って制御するという感じです。
続きを読む

[WP]「wwwなし」でインストールしたWordPressを「wwwあり」へと変更する方法

「http://sample.com/」で WordPressをインストールしたけど、本当は

「http://www.sample.com/」にしたかった!!!

と言うように、すでにインストールしてしまった WordPress で「wwwなし」から「wwwあり」へとURLを変更する方法のご紹介です。
続きを読む

[Win]Windows7 で IP アドレスを確認する方法

Windows7 で自身のIP アドレスを確認する方法です。

「ネットワーク接続状態」の画面からも確認できますが、今回は「コマンドプロンプト」よりIP アドレスを確認する方法を紹介させていただきます。
続きを読む

1つの Gmail アドレスを複数のアドレスに分割して使う方法

ご存知の方も多いと思いますが、Gmail は「sample@gmail.com」というアドレスを既に持っていれば、「sample2@gmail.com」のような別のアドレスを持つことはできません。

1アカウントで1つのアドレスしか持つことができませんが、1つのGmail アドレスをドット(.)で分割すれば、複数のアドレスとして扱うことがでできるようになります。
続きを読む

[WP]WordPressの「ユーザー」周りの設定や機能のまとめ

WordPressの基本設定の1つ、「ユーザー」機能のご紹介です。

自身のプロフィールを変更するのが主な目的ですが、プラグインを有効にすることで増える設定項目もありますので、簡単ではありますがユーザー周りの機能のまとめを紹介させていただきます。
続きを読む

[JS]画像を鏡面反射させるJavascript「reflection.js」

WEBをやり始めた頃は「画像が鏡面反射する」見せ方がカッコよくて頻繁に使っていたような気がします。。。

最近ではそのようなサイトデザインからもご無沙汰でしたが、とある仕事で久々に必要になったこともあって、画像の鏡面効果を演出できる javascript「reflection.js」の使い方をまとめ直しました。
続きを読む

WordPress管理画面からPDFをアップした投稿記事にPDFアイコンを付けて表示させる方法

PDF アイコン画像を用意して、あとはCSS ファイルのカスタマイズするだけで、WordPress 投稿記事にPDFアイコンを付けて表示できるようです。

かなり便利ですのでシェアさせていただきました。
続きを読む

トップページや記事一覧から特定のカテゴリを除外できるWordPressプラグイン「Advanced Category Excluder」

企業様向けのコーポレートサイトが良い例かもしれませんが、WordPress でサイトを運用していると、トップページの記事一覧に『特定カテゴリの記事を表示させない』なんて処理が必要になる場合があります。

そこで今回紹介させていただく Advanced Category Excluder はトップページ以外のアーカイブや検索結果ページでも「特定カテゴリの記事を表示させない」処理を施すことができる便利なプラグインです。

「特定カテゴリ」に関する振分処理はテーマファイルを手動でカスタマイズする方法もありますが、個人的に色々と試した結果からも Advanced Category Excluder プラグインを利用して制御した方が楽かなと思います。
続きを読む

Contact Form 7 を Akismet と連携させてスパムメール対策をおこなってみる

お問い合わせへのスパムに対抗してみる のブログ記事を拝見し、これは是非試してみなければ!!ということで実践してみました。

以前の お問い合わせメールフォームに画像認証を付ける拡張用プラグイン「Really Simple Captcha」 の記事でも紹介しましたが、Contact Form 7 プラグインを利用してお問い合わせメールフォームを動かしていると、いつの日からかスパムメールが大量に届くことがあります。

前回紹介させていただいた記事では、CAPTCHA を利用して画像認証によるスパムメール防止を行いましたが、今回はWordPressでは必須のプラグイン AkismetContact Form 7 を連携させることで、スパムメールを防止する方法になります。
続きを読む

User Role Editorプラグインを利用して、WordPress管理画面でユーザーの権限を細かくカスタマイズする

複数のユーザーでWordPressのサイトを管理、運営する場合に、「どのユーザーにどこまでのサイト更新権限を与えるのか??」といったユーザー管理がネックになることもあると思います。

WordPressデフォルトのユーザー権限(ロール)だといまいち物足りない…あるいは操作範囲が広すぎる…など、個人的にも感じていた悩みを解決してくれそうな非常に便利なプラグインが User Role Editor です。

User Role Editor を利用することで、例えば「投稿者」のユーザーにどこまで操作権限を付与する(または権限を与えない)か?といった細かいレベルの設定を行うことが可能になります。
続きを読む