• RSS

ヘテムルサーバーで料独自SSL「Let’s Encrypt」を利用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各レンタルサーバーでも導入が本格的になってきた無料SSLLet’s Encryptですが、ヘテムルサーバーでも2017年秋より使えるようになりましたので、早速わたしが運用しているブログでもLet’s Encryptを使えるように設定してみることにしました。

Let’s Encryptの導入手順

ヘテムルサーバーで運用しているWordPressにLet’s Encryptを導入するという場合、概ね以下の流れで進めていきます。
①ヘテムルのコントロールパネルで無料SSL(Let’s Encrypt)の利用開始設定
②WordPressの管理画面の一般設定でURLをhttpsに変更
③WordPressの管理画面でVelvet Blues Update URLs などを使ってURLを置換

①ヘテムルのコントロールパネルで無料SSL(Let’s Encrypt)の利用開始設定

ヘテムルのコントロールパネルの「ドメイン・メール設定画面」へ進み、ドメイン一覧の中からLet’s Encryptを使いたいドメインの「詳細を見る」ボタンをクリックします。
hetemlletsencrypt01

ドメイン詳細ページで「設定変更」ボタンをクリックして、
hetemlletsencrypt02

独自ドメインの設定変更ページで「無料独自SSLを設定する」にチェックを入れて、ページ下部の「変更する」ボタンをクリックします。
hetemlletsencrypt03

「ディレクトリの変更処理を開始しました」と表示されれば、設定変更は完了です。
hetemlletsencrypt04

反映までしばらく時間がかかる場合はありますので、このまま待ちます。


②WordPressの一般設定でURLをhttps://に変更

https://のURLでサイトにアクセスしてページが表示されるようになれば、WordPressの管理画面にログインして、管理画面左メニューの「設定」>「一般」へ進みます。
hetemlletsencrypt05

「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」のURLをhttps://に変更します。
hetemlletsencrypt06

③Velvet Blues Update URLs などを使ってURLを置換

最後に、Velvet Blues Update URLsなどのURLを置換できるプラグインを使って、テーブル内のhttp://の文字列をhttps://に置換します。


無料SSL化ができない…またはエラーが発生する場合

無料SSL設定がうまくいかない場合は、以下の点を確認してみてください。

①無料SSL設定後にhttps://でアクセスしたらセキュリティエラーが表示される

ヘテムルのコンパネから無料SSL設定をしても、反映までは時間がかかる場合はありますので、しばらく時間を置いてからアクセスしてみます。


②wp-admin/へアクセスすると500エラーが出る

ローカル環境にバックアップがあれば、ルートの.htaccessファイルを上書きでアップし直してみてください。

もしくは.htaccessファイルを一旦消してから管理画面にアクセスしてみて、ログインに成功すれば、管理画面のパーマリンク設定から.htaccessを新規に生成し直すとアクセスできる場合があります。


③そもそもヘテムルのコントロールパネルから無料SSL設定がONにできない

ドメインのDNSがヘテムルの情報になっていない可能性がありますので、確認してみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください