• RSS

さくらサーバで無料SSL「Let’s Encrypt」を利用する方法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

さくらサーバーで運用しているWordPressを無料SSL「Let’s Encrypt」でSSL対応する方法のまとめです。

さくらのコントロールパネルで無料SSLの設定

さくらのコントロールパネルにアクセスして「ドメインSSL設定」をクリックします。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

対象のドメインの「登録」リンクをクリックします。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

ページ上段の無料SSL証明書欄の「無料SSLの設定へ進む」のボタンをクリックします。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

設定の流れとリダイレクト方法を確認の上、「無料SSLを設定する」ボタンをクリックします。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

「ただいま無料SSL証明書の発行手続き中です。」と表示されればOKです。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

WordPressで「さくらのSSL」プラグインのインストール

ここからはWordPress側の設定フローですので、WordPressを利用していない場合は作業は不要です。

WordPressの管理画面にログインしてプラグインの新規追加ページへ進み、「さくらのSSL」を検索します。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

さくらのSSLプラグインをインストールして有効化したら、管理画面左メニューの「設定」> 「SAKURA RS SSL」へ進みます。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグインページで、「共有SSLを利用している、もしくはSSL証明書をレンタルサーバコントロールパネルから設定した」「実際にSSLを利用してサイトと管理画面へアクセスできる」の2点を確認し、問題なければチェックを入れてから、ページ下部の「SSLを実行する」ボタンをクリックします。
さくらサーバで無料SSL「Let's Encrypt」を利用する方法のまとめ

一度、ログイン画面にリダイレクトされると思いますので、今までと同じアカウントでログインします。


.htaccessファイルのリダイレクト設定

さくらのSSLプラグインの設定完了後、サーバーから.htaccessファイルをGETして、以下の記述が追加されているかを確認します。


Velvet Blues Update URLsでURL置換

URLはhttpsに変更になりましたが、カスタムフィールド内のURLなどがhttpのままの場合がありますので置換しておく必要があります。

ここで便利な置換ツールがVelvet Blues Update URLsプラグインです。プラグインの具体的な使い方は以下のページで説明していますので、是非参考にしてみてください。


注意点

サイトにBasic認証かけたままだとLet’s Encryptの認証を行うことができません。

通常、申請から無料SSLが使えるようになるまでの時間は数分〜数十分程度ですが、いつまで経ってもSSLが使えない…なんて場合は、Basic認証がかかっていないかを確認してみてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください