• RSS

[WP]wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Google Search Consoleで「監視対象のURL」が増えてきたので確認してみると、wordfence_lhというパラメータ付きのURLで何か問題が発生しているようでしたので調査してみました。

?wordfence_lh=とは何か?

wordfenceという単語で思い出しましたが、これは当ブログで過去に導入していたWordfence Securityというプラグインによって生成されたURLです。

Wordfenceプラグインのlive traffic機能が有効になっていると、この?wordfence_lh=付きのURLがどんどん生成されてしまうようです。当ブログでは2,000-3,000程度のインデックス数でありながら、wordfence_lhのURLパラメータが20,000件を超えて検知されておりました。

今は当ブログではWordfenceプラグインは使用していないため、ゴミとして残ったままだったようなので、該当のデータベースのテーブルを除去してしまうのも手ですが、取り急ぎGoogleの方にも?wordfence_lh=付きのURLはクロールしてもらわないように設定しておこうと思います。


Google Search Consoleで?wordfence_lh=のURLパラメータはクロール除外とする

Google Search Consoleへアクセスし、「クロール」>「URLパラメータ」ページへ進みます。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

クロールさせたくないパラメータ(今回はwordfence_lh)のクロール欄が「Googleが決定」になっていると思いますので、これをクロールしないように設定変更します。

右側に表示された「編集」ボタンをクリックします。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

このパラメータで、ユーザーに表示されるページ コンテンツが変化しますか?

まず1つ目の設定は「はい、ページコンテンツを変更、並び替え、または絞り込みます」を選択します。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

このパラメータがページのコンテンツに与える影響を選択してください。

2つ目は「ページ指定」を選択します。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

このパラメータを含む URL のうち、Googlebot でクロールする URL を選択してください。

最後は「クロールしない」を選択してから、「保存」ボタンをクリックします。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

URLパラメータページで、先のパラメータ(wordfence_lh)のクロールステータス欄が、「Googleが決定」から「クロールしない」に変更になればOKです。
wordfence_lhパラメータ付URLがクロールされないように設定変更

これでしばらく様子を見ようと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください