• RSS
[WP]管理画面に記事やページの投稿IDを表示させるWordPressプラグイン「WP Show IDs」

例えば

「カテゴリIDが3のものは表示しない」や
「固定ページIDが4と6とでデザインを変える」

など、WordPressのテーマファイルをカスタマイズする際に、IDで振分処理を行う機会は多いと思います。

しかし、WordPressをインストールしただけでは記事やページ、カテゴリのIDはどこを見れば良いのか?が分かりにくいですので、WP Show IDs プラグインを導入することで管理画面上に記事などのIDを常時表示してあげるようにします。
続きを読む

[WP]WordPressで簡単にQRコードを生成できるプラグイン「Google QR Code」

Google Chart API を利用して簡単手軽にQRコードを作成できるWordPressプラグインが Google QR Code です。

プラグインを有効化して投稿記事などにショートコードを書くだけで、QRコードを表示させることができます。
続きを読む

[WP]WordPressのURLから「category」を削除するプラグイン「WP No Category Base」

WordPressの記事は某かのカテゴリに紐づくのですが、特に企業サイトのページを表示させる場合に「category」と表示は出したくありません。

また、記事のスラッグが長い… カテゴリの階層が深い…などの場合は極力URLをすっきりさせたいので、「category」と表示は消したいところです。
続きを読む

[WP]WordPressで「投稿記事をランダムで○件」表示させる方法

WordPressでブログや企業サイトを作っていると、例えば「記事を10件出力する」ようなコトを頻繁にやる訳ですが、query_posts()get_posts() を使うことで「投稿記事を○件出力する」という処理が可能になります。

今回はそれぞれのテンプートタグを使って記事を「ランダム」で出力する方法を紹介します。
続きを読む

[WP]WordPress でアイキャッチの画像とパスを取得する方法

WordPressの記事投稿時に「アイキャッチ」を利用する事が多いと思います。

例えば「最新記事をアイキャッチ付きで一覧表示」したり「OGP 設定にアイキャッチを使う」など、非常に利用頻度の高い画像ですので、今回はこの アイキャッチ を取得する方法をまとめました。
続きを読む

[WP]WordPressの固定ページを、ページIDとページスラッグで振分処理する方法

WordPressのテンプレートファイルの中で、page.php が固定ページ用のテンプレートになります。

企業サイトを構築すると「トップページと会社概要ページでデザインが異なる」なんてことは良く有りますが、WordPressの場合、このpage.php 内で「ページID」か「ページスラッグ」で条件分岐しながら、ページ別にデザインを変更することができます。
続きを読む

[WP]WordPressでカテゴリリンクを出力した際の title=”に含まれる投稿をすべて表示” を消す方法

WordPressでカテゴリリンクを出力する際には、
wp_list_categories()the_category() を利用しますが、

ソースコードには <a title=" の投稿をすべて表示"> も一緒に出力されてしまいます。
続きを読む

[WP]カテゴリの順番を自由に変更できるWordPressプラグイン「Category Order」

WordPRessのカテゴリを自由に並べ替えたいと思っても、固定ページのように「順序欄に数字を入れて調整…」のような機能はありません。

カテゴリの順番を入れ替えるプラグインは色々ありますが、シンプル且つ、ドラッグ & ドロップで並び替えるという直感的で分かりやすい操作のWordPressプラグイン Category Order がイチ押しです。
続きを読む

[WP]記事の1件目や偶数件目、奇数件目などに個別の処理を施す方法

WordPressで「記事の1件目にだけ広告を表示する」みたいなことをするための方法です。

記事の1件目に広告を挟むような特定の処理を入れたりできる他、1件目の記事にだけ特別なクラスを指定することもできます。

また、偶数件数や奇数件数の記事、ループで回した最後の記事に対しても特別なクラスを指定することができるなど、デザインの自由度がかなり上がるカスタマイズです。
続きを読む

[WP]お問い合わせフォーム用WordPressプラグイン「Contact Form 7」の基本設定

WordPressでブログや企業サイトを構築する上で、お問い合わせフォームを設置する際に便利なプラグインが Contact Form 7 です。

拡張機能も色々あり、カスタマイズ次第で使い勝手もかなり向上する定番のプラグインですが、今回はまず Contact Form 7 の基本的な設定方法に絞って紹介させていただきます。
続きを読む

[WP]固定ページの順番や階層を変更できるWordPressプラグイン「pageMash」

ドラッグ & ドロップの操作で手軽に固定ページの順番を変更できるWordPressプラグイン pageMash のご紹介です。

WordPressで企業サイトを構築するに当たり、「会社概要」「プライバシーポリシー」などの定番コンテンツは固定ページを利用することが多いと思います。

グローバルメニュー等に固定ページのリンクを出力するとなると、ページの順番を自由に並べたくなりますますが、1ページ毎に順番を手打ちで変えていくのは面倒です。
続きを読む

[WP]WordPressをインストールしたら、サイト診断用プラグイン「WP Security Scan」を使ってみよう

サイト内スキャンをしてくれるWordPress プラグイン「WP Security Scan」の紹介です。

WordPress のバージョンが最新版かどうか?の他にも、ユーザー名に「admin」が使われていないか?データベースのプレフィックスが「wp_」のままではないか?などを診断してくれます。

WordPress インストール時の注意点を抑え、且つ常に最新のバージョンに保っておけば概ねエラーは出ないと思いますが、セキュリティ対策の一環として一度はチェックしてみると良いと思います。
続きを読む

[WP]投稿記事でPHP を実行できるWordPressプラグイン「runPHP」

固定ページや投稿画面内でPHP を実行できるWordPressプラグインが「runPHP」です。

前回紹介させていただいた Exec-PHP と同じ機能を有していますが、runPHP は記事やページ毎にPHPを実行するかどうかを選択できるので、「どうしてもこのページにはPHP のコードを書かないといけない…」という場合に、ピンポイントで役に立つプラグインだと思っています。
続きを読む

ビジュアルエディタ強化用のWordPressプラグイン「TinyMCE Advanced」

WordPressのビジュアルエディタを拡張してくれるプラグイン「TinyMCE Advanced」。

WordPressの投稿画面では <strong> <img> などの基本的なタグボタンが用意されていますが、TinyMCE Advanced プラグインにより他のボタンも追加できるようになります。

HTML編集(テキストエディタ)モードでガリガリ記事を書く場合はそんなに必要性は感じませんが、ビジュアルエディタをメインで使う場合には非常に重宝するプラグインだと思います。
続きを読む