• RSS
[WP]WADAXサーバーで500エラーが出る場合の対処法

WADAXのレンタルサーバーにWordPressをインストールしたら500エラー(Internal Server Error)が出てしまう場合の対処法です。
続きを読む

[WP]wp-blog-headerをインクルードして404エラーが返ってくる場合の対処法

WordPressでwp-blog-header.phpをインクルードしたページが、ブラウザの検証結果で404エラーが返ってくる問題があったので調べてみました。
続きを読む

[WP]都道府県市区町村をカテゴリーに登録する方法(XMLインポート)

WordPressでポータルサイトを運用していて、例えばお店の紹介記事のようなものを書く場合、そのお店がどこの地域にあるのかを都道府県はもちろん、市町村レベルで紹介する必要があったりします。

投稿記事に都道府県及び市区町村のカテゴリーを紐づけるような場合、手動で1個ずつ市町村をカテゴリーに登録いくとなると大変手間がかかりますので、今回は都道府県・市区町村のカテゴリーを一発登録する方法を紹介させていただきます。
続きを読む

[WP]ショートコードで簡単にGoogle Mapsを表示できるWordPressプラグイン「Simple Google Maps Short Code」

ショートコードを使って投稿や固定ページなどに簡単にGoogle Mapsを表示できるWordPressプラグイン「Simple Google Maps Short Code」のご紹介です。

例えば、WordPressの投稿画面のカスタムフィールドでお店の住所を登録できるようにしておけば、その住所の入力値から自動で店舗のGoogle Mapsを表示してあげることができますので、ポータルサイトなどでお店の紹介記事を掲載する場合などには特に便利なプラグインではないかと思います。
続きを読む

[WP]wp_list_categories()で親カテゴリーだけ一覧表示する方法

WordPressのカテゴリーリンク一覧を表示したい時はwp_list_categoriesを使うと思いますが、

カテゴリーが親子構造になっているサイトで「親カテゴリーだけ」を一覧表示したい場合は、
引数にdepth=1を追加します。
続きを読む

[WP]WordPressの固定ページでテンプレートファイルが表示されない場合の対処法

固定ページのテンプレートのプルダウンメニューに、アップロードしているはずのテンプレートファイルが何故か表示されない…という場合の確認方法と対処法のご紹介です。
続きを読む

[WP]メールフォーム別にContact Form 7の入力内容確認を使い分ける方法

過去に、WordPressのContact Form 7のメールフォームに入力内容確認を挟むことができるプラグインContact Form 7 add confirmについての記事を紹介させていただいておりますが、

複数のメールフォームを運用していると、「Aのフォームには入力内容確認を挟みたいけど、Bのフォームは確認画面なしにしたい」という場面もあるかと思います。

そこで今回は、Contact Form 7 add confimプラグインを使用しながらも、フォームによっては内容確認させずにすぐにメール送信させる方法について紹介させていただきます。
続きを読む

[WP]SSL化してもwp_headとwp_footerがhttp://を出力するSSL混在コンテンツの問題について

WordPressのサイトをSSL化した際、wp_head()wp_footer()で出力されるJS、CSSのURLがhttps://にならずにhttp://のままになってしまい、「このページの一部(画像など)は安全ではありません。」と混在コンテンツの警告が表示される場合の対処法です。
続きを読む

[WP]Instagramの写真や動画をWordPressに表示できるプラグイン「Instagram Feed」

Instagramに掲載されている写真をWordPressのTOPページなどに掲載(連携)できるプラグイン「Instagram Feed」のご紹介です。

Instagramにログインした状態で、WordPressの管理画面からアクセストークンとユーザーIDを取得するだけで簡単に連携することができますので、非常に便利なプラグインではないかと思います。
続きを読む

[WP]wp_trim_wordsでタグを除去して指定文字数で本文を出力する方法

「WordPressの投稿本文からタグを取り除いて50文字で表示したい」

こんなカスタマイズは頻繁にあるかと思うのですが、wp_trim_wordsという関数を使うことで、非常に簡単に指定文字数で記事本文を出力することができてしまいます。

wp_trim_wordsで指定文字数で本文の出力

wp_trim_wordsはWordPressのバージョン3.3から実装されてます。

使い方はすごく簡単で、本文を指定文字数で切って表示したい箇所に、以下のような記述を行うだけです。

パラメータの「50」の数字が、制御したい文字数になります。
また、「…」はテキストを切り落とす必要がある場合に付加する文字列です。

さらに、wp_trim_wordsが便利な理由は、本文にリンクタグなどがあれば除去して表示されるという点です。そのため例えば、変なところでリンクの閉じタグが切れてしまってレイアウトが崩れてしまう…といった心配もありません。

[WP]WordPressのでheadタグ内のlink rel=’dns-prefetch’を非表示にする方法

WordPressの4.6からheadタグ内に自動で出力されるようになった<link rel=’dns-prefetch’ href=’//s.w.org’><link rel=’dns-prefetch’ href=’//s0.wp.com’>などのDNSプリフェッチ(リンクタグ)を非表示にする方法のご紹介です。
続きを読む

[WP]WordPressの検索結果を日付やmenu_orderの順に変更する方法

WordPressの検索結果一覧ページでの記事の表示順ですが、バージョン3.7から「日付順」ではなく「関連度順」というルールに変更になっています。

どちらが良いかはサイトに寄るかと思いますが、「ブログ記事一覧が日付順だから検索結果の記事も日付順に並べたい」という場合もあるかと思います。

そこで今回は、投稿やカスタム投稿記事の検索結果を、日付順や指定した順序(menu_order)で並び替える方法を紹介させていただきます。
続きを読む

[WP]コアファイルの自動バックグラウンド更新を設定する

WordPressのコアファイルの自動バックグラウンド更新を有効(または無効)にする方法を紹介させていただきます。
続きを読む

[WP]MW WP FORMにmaxlengthを文字入力数の上限を指定する方法

WordPressのメールフォームプラグインMW WP FORMで、input type=textやinput type=telなどにmaxlengthを指定する方法のご紹介です。
続きを読む