• RSS

[WP]AjaxZip3 をContact Form 7 プラグインでも使えるようにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前紹介させていただいた郵便番号から住所を自動で入力してくれるAjaxZip3を、WordPress のContact Form 7 プラグインでも使えるようにする方法のご紹介です。

AjaxZip3 の設置方法などは以下の記事を参考にしてみてください。



AjaxZip3 をContact Form 7 でも使えるようにする

テーマファイルのheader.php を開いて、<head> 内に以下のようなスクリプトを追加します。
<script src="https://ajaxzip3.github.io/ajaxzip3.js" charset="UTF-8"></script>
<script type="text/JavaScript">
$(document).ready(function(){
	jQuery('#zip').keyup(function(event){
		AjaxZip3.zip2addr('form_zip','','form_pref','form_address');
		return false;
	})
})
</script>

Contact Form 7 のフォーム部品はこんな感じにしています。
郵便番号
[text form_zip id:zip]

都道府県
[select form_pref "北海道" "青森県" "岩手県" "宮城県" "秋田県" "山形県" "福島県" "茨城県" "栃木県" "群馬県" "埼玉県" "千葉県" "東京都" "神奈川県" "新潟県" "富山県" "石川県" "福井県" "山梨県" "長野県" "岐阜県" "静岡県" "愛知県" "三重県" "滋賀県" "京都府" "大阪府" "兵庫県" "奈良県" "和歌山県" "鳥取県" "島根県" "岡山県" "広島県" "山口県" "徳島県" "香川県" "愛媛県" "高知県" "福岡県" "佐賀県" "長崎県" "熊本県" "大分県" "宮崎県" "鹿児島県" "沖縄県"]

市区町村
[text form_address]
郵便番号(form_zip)にid="zip を指定してあげれば、後は入力された郵便番号に対応する都道府県(form_pref)、市区町村(form_address)が自動で入力されるようになります。

↓こちらが実際のフォーム例です。7桁の郵便番号を入力すると、該当する都道府県と市町村が自動で入力されますので、是非参考にしてみてください。
[contact-form-7 id=”3832″ title=”AjaxZip3 をContact Form 7 でも使えるようにする方法”]



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください