• RSS

[WP]未来日付で記事を投稿できるWordPressプラグイン「No Future Posts」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPress では「未来日時」の記事を掲載しようとしても「予約投稿」扱いになってしまいますが、「No Future Posts」プラグインを利用すると未来日時であってもフロント画面に記事を出力できるようなります。

投稿ID やカテゴリID を指定して未来日時で投稿「しない」ように設定することもできますので、例えば数ヶ月先のイベント告知記事には No Future Posts を有効にし、それ以外のブログ記事やお知らせは「予約投稿」のまま運用するといった共存が可能です。

No Future Posts のインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面よりNo Future Posts を検索するか、以下のサイトよりプラグインファイルをダウンロードします。


未来日時で記事の投稿

No Future Posts プラグインを有効にして記事の投稿画面に移動し、未来日時を設定します。
[WP]未来日付で記事を投稿できるWordPressプラグイン「No Future Posts」

ボタンは「予約投稿」になっていますが、
[WP]未来日付で記事を投稿できるWordPressプラグイン「No Future Posts」

クリックしてフロント画面を見ると未来日時で記事が公開されています。
[WP]未来日付で記事を投稿できるWordPressプラグイン「No Future Posts」

未来日時で投稿する記事のカテゴリを絞る

No Future Posts の設定ページより、投稿ID やカテゴリID で未来日時の投稿をしないように「除外設定」することができます。

複数IDがある場合は、カンマ区切りで登録します。
[WP]未来日付で記事を投稿できるWordPressプラグイン「No Future Posts」

除外設定したID の記事は従来通り「予約投稿」扱いになり、フロント画面には表示されません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください