• RSS

[WP]マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Password Protected」は、WordPress のサイトにパスワード認証を掛けることができるプラグインです。

稀にベーシック認証が動かない…サーバーに遭遇した場合や、複数の子サイトがあるマルチサイトで1つの子サイトのみ認証をかけたい場合などに、非常に重宝するプラグインです。

Password Protected のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Password Protected を検索するか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。


Password Protected の設定

Password Protected プラグインを有効にしたら、管理画面左メニューの「設定」から「Password Protected」へ進みます。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

Password Protected Setting ページで「Password Protected Status」の「Enabled」にチェックを入れることで、サイトにパスワード認証がかかるようになります。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

「Protected Permissions」はアクセス制限の範囲の設定です。

管理者ユーザーのみのアクセスを許可する場合は「Allow Administrators」にチェックを入れます。
管理者以外にも、ログインユーザーのアクセスを許可する場合は「Allow Logged in Users」にもチェックを入れます。
「Allow RSS Feeds」はRSSフィードへのアクセス制限を解除する設定ですので、必要であればチェックを入れます。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

「New Password」でログイン用のパスワードを指定します。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

その他、アクセスを許可するIPアドレスがあれば、個別に「Allow IP Addresses」欄に入力します。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

パスワード認証画面

Password Protected の設定後、サイトにアクセスすると以下のような認証画面が表示されますので、Password Protected Setting ページの「New Password」で設定したパスワードを入力してログインします。
マルチサイトにも最適なパスワード保護用プラグイン「Password Protected」

マルチサイトで子サイト毎にパスワード保護

マルチサイトでの運用方法ですが、例えば「4つの子サイトのうち、1つの子サイトにパスワード保護をかけたい」という場合は、対象の子サイトの「設定」から「Password Protected」へ進み、上記手順でパスワード認証の設定を行います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.