• RSS

[WP]リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

過去に紹介させていただいた WordPressで「リビジョン」や「自動保存」を無効にする方法 の記事にも関連しますが、

今回は「Revision Control」というWordPress プラグインを使って、投稿タイプ別にリビジョンの保存数を変更したり、リビジョンを無効にする方法を紹介させていただきます。

Revision Control のインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面よりRevision Control を検索するか、以下のサイトよりプラグインファイルをダウンロードします。


デフォルトのリビジョン設定

Revision Control プラグインを有効化したら、管理画面左メニューの「設定」から「Revision Control」へ進みます。
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

このプラグインは、例えば「投稿はリビジョン無制限」「固定ページはリビジョンなし」のように、投稿タイプ別にリビジョンの設定を変えることができます。
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

リビジョンの数は
無制限、保存しない(0)、2、3、4、5、10、20、50、100
となっていますので、投稿ページのリビジョン保存数を無制限にする場合は、プルダウンメニューより「無制限」を選択すればOKです。
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

リビジョン範囲

リビジョン範囲の値を以下のように変更することで、
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

デフォルトのリビジョン設定のプルダウンメニュー内の値も変わります。
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」

投稿画面でリビジョン比較

Revision Control プラグインを有効化して記事の投稿画面に進むと、「リビジョン」のパネルが「Post Revisions」に変わりますので、リビジョンの比較や削除、復元などの操作を行うことができます。
リビジョン保存数を設定できるWordPress プラグイン「Revision Control」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください