• RSS

[WP]WordPressで「タグクラウド」を出力する方法とカスタマイズのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressではテンプレートタグ wp_tag_cloud() を利用して、サイドバーなどに「タグクラウド」を表示させることができます。

タグ一覧のデザインも変更しやすく便利です。

今回はタグクラウドの基本的な使い方に加えて、簡単なカスタマイズもまとめて紹介させていただきます。

タグクラウド を表示する

まずはそのまま wp_tag_cloud() を利用してタグクラウドを表示する方法です。
sidebar.php などのテンプレートファイル内に以下のソースコードを追加します。


フォントサイズを変更する

紐づけられたタグの記事件数によって、フォントサイズを変更することも可能です。

smallest が「件数が少ない」タグで、デフォルトが8pt、
largest が「件数が多い」タグで、デフォルトが22pt です。


タグクラウドの並び順を変更する

order で「並び順」を指定できます。
「ASC」で昇順、「DESC」で降順、「RAND」でランダム表示です。


タグクラウドの表示件数を変更する

number で「表示件数」を変更できます。初期値は45 です。


特定のタグを除外する

exclude を使えば、指定したIDのタグは一覧から除外されます。
タグIDはカンマ区切りで複数指定することも可能です。


タグクラウドのフォーマットを変更する

デフォルトの設定のままでは、大小さまざまなフォントサイズのタグリンクがズラ〜っと横に並ぶのですが、format=list にすることで「リスト形式」に変更することも可能です。


タグクラウドのデザインを変更する

出力されたタグクラウドのデザインをCSS で補正できます。
当ブログでは、リンクを楕円形にして背景色を入れた上で、:hover 時の色も変更しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください