• RSS

Google Chart で簡単にQRコードを作成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昔はQRコード作成と言えば、Mac であれば「QRMillX」アプリケーションを使ったり、2次元コード生成サービスを利用していましたが、

簡単手軽にQRコードを作成し、サイトに貼付けるだけであれば、Google Chart を利用すると便利です。

Google Chart でQRコードを作成

以下のサイトに Google Chart でQRコードを作成する方法が紹介されています。

コードはこのような感じです。
<img src="http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=http%3A%2F%2Fdesi-po.net%2F" />


QRコードのサンプル

当ブログのQRコードはこんな感じで表示されます。


QRコードのサイズなどを調整する

パラメータの説明です。

chs

「QRコードのサイズ」をピクセルで入力します。

150 × 150ピクセルで掲載したい場合は、chs=150x150 になります。

cht

imagesタイプですが、「qr」を入力します。cht=qr となります。

chl

「エンコードされたURL」を入力します。

※手軽にURLエンコードを行いたい場合は、こちらのURLを簡単にエンコード、デコードできるサイト「URLエンコード・デコードフォーム」の記事を参考に変換してみてください。


WordPressで利用する場合

ちなみに、WordPressの場合はショートコードを利用してQRコードを表示できる便利なプラグイン Google QR Code が利用できます。

QRコードのURL指定やサイズの調整なども簡単にできるようになりますので、[WP]WordPressで簡単にQRコードを生成できるプラグイン「Google QR Code」 のページも参考にしてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください