• RSS

[WP]SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Mysql ではなく、SQLight しか使えないレンタルサーバー(さくらのレンタルサーバ ライトなど)に、「SQLite Integration」プラグインを使ってWordPress をインストールする手順をご紹介します。

SQLite Integration とは?

SQLite Integration」は、SQLite でWordPress を運用できるようにするプラグインです。

そもそもWordPress.org がSQLite をサポートしてないこともあり、SQLight ではなくMysql が使えるサーバーを契約するのがいちばん良いのですが…

どうしてもSQLight で動かさないといけない場合でも、このSQLite Integrationを使えば、とてもスムーズにWordPress のインストールを進めることができます。

SQLite Integration のインストール

まずは以下のページから SQLite Integration をプラグインの最新版をダウンロードします。


SQLite にWordPress を導入する手順

ちなみに今回、SQLight でWordPress のインストールを行った環境は以下の通りです。
※さくらサーバーは手持ちが無かったため、ヘテムルのSQLight を使ってインストールを行いました。

・WordPressバージョン:4.0.1
・SQLite Integrationバージョン:1.7
・レンタルサーバー:ヘテムル


それでは実際の手順を紹介させていただきます。

手順①

こちらのページ(WordPress 日本語)から、最新版のWordPress をダウンロードします。


手順②

ダウンロードしたwordpress-4.0.1-ja.zip を解凍し、wp-config-sample.php を wp-config.php にリネームします。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

手順③

ここまではいつも通りのWordPress のインストール手順と同じですが、Mysql を使う場合と異なり、wp-config.php 内の編集は以下の部分だけでOKです。


手順④

先ほどインストールしたSQLite Integration プラグインフォルダ(sqlite-integration)を、
wp-content/plugins/ の中へ移動します。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

手順⑤

sqlite-integration フォルダ内の db.php ファイルを、wp-content/フォルダ内へコピーします。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

手順⑥

FTPなどでWordPress のファイル一式をサーバーへアップします。


手順⑦

サイトへアクセスしてWordPress をインストールします。これもMysql を使う場合と同じ手順です。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

手順⑧

インストールが完了したらログインします。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

手順⑨

ここでサーバー上のファイルを見てみると、wp-content/下に、database というフォルダが生成されているかと思いますが、
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ

このdatabase フォルダ内にある .ht.sqlite ファイルも合わせて生成されていれば、インストールは成功です。
SQLight でWordPress をインストールする手順のまとめ


今回はSQLite でWordPress をインストール手順に絞って紹介させていただきましたが、Mysql を使う場合と異なり、一部プラグインが使えなかったりするなど機能が制限されます。

次回は、管理画面の各種設定がどの程度動くのか? またプラグインはどの程度動くのか??などを検証していこうと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください