• RSS

[WP]クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Google Adsenseやアフィリエイトなど、様々な広告を一元管理できるWordPressプラグイン「AdRotate」のご紹介です。

広告管理系のプラグインは、過去にもAds by datafeedr.com、Datafeedr Random Adsなどを紹介させていただきましたが、今回紹介させていただくAdRotateは広告の掲載開始・終了日の指定ができたり、表示数やクリック数、クリック率の測定ができるので、A/Bテストをしたい場合にも非常に便利なプラグインとなっています。

AdRotate Banner Manager プラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加画面よりAdRotate を検索するか、以下のサイトよりプラグインファイルをダウンロードします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」


広告の作成

AdRotate プラグインを有効化したら、まず最初に広告を作成していきますので、WordPress管理画面の左メニューから「AdRotate」>「Adverts」をクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

広告管理ページには既に2つのデモ広告が用意されていますが、新規で広告を用意するには「新規作成」リンクをクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

基本設定

以下の必要な項目を入力、選択していきます。

タイトル:
広告のタイトルを入力します。管理しやすい名前で結構です。

AdCode:
画面右側の設定例のように、ASPやGoogle Adsenseなどから発行されたタグを入力します。

Banner asset:
AdCode内に%asset%タグを使用していれば、バナー画像を指定する必要がありますので、「Select Banner」ボタンをクリックしてメディアライブラリーの中から画像を選択します。

AdCode内にASPなどから提供されたIMGタグ(画像ファイル)が含まれている場合は、プルダウンメニューから「画像は設定されていません」を選択しておきます。

統計:
Enable click and impression tracking for this advert.にチェックを入れます。
ここにチェックが入っていないと、広告の表示数やクリック数などが計測できませんで注意が必要です。

利用可能:
広告を有効にする(サイト上に広告を掲載する)場合は「この広告を掲載されるように設定する」を選択しておきます。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

利用タグ

ページ中段や下段に「利用タグ」が掲載されていますので、広告を表示したい場所にタグを挿入します。

In a post or page :
投稿や固定ページなどにタグを挿入したい場合は、ショートコード([adrotate banner=”3″]など)を利用します。

Directly in a theme:
テーマファイル(PHPファイル)にタグを挿入する場合は、<?php echo adrotate_ad(3); ?>のように記述します。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

Schedule your advert

広告の開始時期や終了時期などの設定を行います。

Start date (day/month/year):/Start time (hh:mm):
広告の掲載開始日及び時間を指定することができます。

End date (day/month/year):/End time (hh:mm):
広告の掲載終了日及び時間を指定します。
ここは期間を延長しておかないと数ヶ月で広告が非表示になってしまいますので、注意が必要です。
ずっと広告を掲載しておきたい場合は、2099年とかにしておと問題ないかと思います。

Maximum Clicks:
クリック数の上限を指定します。この機能を使用しない場合は「0」か空白にしておきます。

Maximum Impressions:
最大インプレッション数を指定します。クリック数上限同様、この機能を使用しない場合は「0」か空白にしておきます。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

その他の設定

AdvancedやGeo Targetingは有料版(AdRotate Pro)のプラグインで利用できる機能であるため、無料版の場合は広告の設定はここまでですので、最後にページ下部の「Save Advert」ボタンをクリックして設定を保存します。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

広告グループの作成

AdRotateでは、いくつかの広告を1つのグループにまとめて、その中でローテーション表示されることが可能です。

WordPress管理画面の左メニューで「AdRotate」>「グループ」をクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

新規で広告グループを用意するには「新規作成」リンクをクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

New Group

名前:
管理しやすい広告グループ名を入力します。

Mode:
プルダウンメニューからモードを選ぶことができますが、初期設定の「Default」のままで問題ないです。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

Dynamic and Block Mode

上記Modeの設定で、Dynamic Modeや Block Modeを選んだ場合のみ設定します。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

利用タグ

ページ中段や下段に「利用タグ」が掲載されていますので、広告をローテーション表示したい場所にタグ(または)を挿入します。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

Select adverts

途中のAdvanced、Post Injection、Page Injection、Wrapper codeは必要に応じて設定の上、
ページ下部のSelect advertsで、すでに登録されている広告の中からグループに紐づけたいものにチェックを入れます。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

これで広告をグループに紐づけることができましたので、タグを挿入した場所に広告が表示されるようになるかと思います。


表示数やクリック率などの確認

表示された広告の表示数、クリック数、CTR(クリック率)を確認するには、管理画面の左メニューで「AdRotate」>「グループ」へ進み、グループ名右側の「Stats」リンクをクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

広告単体で運用している場合は、管理画面左メニューの「AdRotate」>「Adverts」から、広告名右側の「Stats」リンクをクリックします。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

ローテーションの詳細設定などをしたい場合は?

Adrotateプラグインは、無料版でも掲載期間の設定やクリック率の確認、ローテーションの設定など豊富な機能が用意されていますが、例えばローテーションの微調整などは

Schedule your income

schedule

With AdRotate Pro you get complete control over when your adverts show up. Maintain multiple schedules and advanced time tables for when adverts will show up. Each advert can have multiple schedules so you can plan your campaigns months in advance.


https://ajdg.solutions/plugins/adrotate-for-wordpress/

とあるように、有料版のAdrotates Proでないと出来ないようです。

Adrotates Proは他にも、広告の有効期限が切れた時に通知メールを送信できたり、より詳細なレポートが確認できるなど、さらに便利な機能が提供されているようです。
クリック数やCTRの測定も可能なローテーション系の広告管理プラグイン「AdRotate」

2017年10月現在、1サイト(1 Activation)で€ 29ですので、運用するサイトの規模によっては有料版で管理してみるのもアリかもしれないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください