• RSS

[WP]HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

複数のHTML・PHPのコード(スニペット)を管理画面上で管理して、投稿や固定ページなどの本文でショートコードを使って呼び出すことができるWordPress プラグイン「Post Snippets」のご紹介です。

例えば、Post Snippets でWordPress のループ文を登録しておくと、固定ページや投稿のエディタにショートコードを書くだけで処理を実行できるので、非常に便利なプラグインではないかと思います。

Post Snippets プラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Post Snippets を検索するか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン


Post Snippets でコードの管理

Post Snippets プラグインを有効化したら、管理画面左メニューの「設定」から「Post Snippets」へ進みます。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

Manage Snippets

「Manage Snippets」ページでは現在登録されているスニペットが一覧で表示されますが、Post Snippets インストール直後は何も表示されませんので、まずは「Add New Snippet」ボタンをクリックしてスニペットの新規登録を行います。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

主に以下の入力・選択項目を埋めていきます。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン
「Title」にはショートコード名を入力します。
「Variables(変数)」は、使用しなければ空でも良いです。
「Shortcode」にチェックを入れます。
「PHP Code」は、PHPのコードを登録する場合にチェックを入れておきます。
「Snippet」覧にHTMLやPHPなどのコードを入力します。
「Description」覧にはスニペットの説明文を入れますが、空でも問題ありません。


必要な情報の入力・選択を終えたら「Update Snippets」ボタンをクリックします。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

PHPのコードを登録する場合の注意点

「Snippet」覧にWordPress のループ処理も入れる事ができるのですが、PHPの場合は先頭の<?phpと最後の?>は削除した上で入力します。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

以下、投稿の記事を5件引っ張って表示させるコードのサンプルです。
※コードの途中に<?php、?>の記述が有っても問題ありません。
$loop = array(
'post_type' => 'post',
'posts_per_page' => 5,
'paged' => $paged,
'orderby' => 'date',
'post_status' => 'publish'
);
$the_query = new WP_Query( $loop ); 
if ( $the_query->have_posts() ) :
while ( $the_query->have_posts() ) : $the_query->the_post();?>
<a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_title(); ?></a>
<?php endwhile;?>
<?php else: ?>
<?php endif;


Options

「Exclude from Custom Editors」にチェックを入れると「カスタムエディタから除外する」ということができるようですが、チェックを入れても大きな変化が見られなかったので、現在調査中です。
基本的にはチェックなしの状態のままで問題ないかと思います。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

Import/Export

スニペットのインポート、エクスポートが可能です。
HTML・PHPをショートコードで呼び出せる「Post Snippets」プラグイン

エクスポートすると、登録されたスニペットをzipファイルでダウンロードします。
zipファイルを展開すると.cfg形式のファイル(コンフィグレーションファイル)が現れますので、テキストエディタ中身を確認することができます。

エクスポートしたスニペットを別のWordPress にインポートする場合は、zip形式のままインポートします。
※cfg形式だとインポートできませんでした。


投稿や固定ページでショートコードを実行

Post Snippets で登録したショートコードを投稿や固定ページの本文で使う場合は、
[Titleに入力したショートコード名]
のように入力します。

※上記のスニペットの例だと
[wp-loop-sample]
になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください