• RSS

BluetoothのMacキーボードの挙動が突然おかしくなった原因について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テキストエディタで文字を書いていたら、数秒ごとにキーボードが切断されては再接続され、再接続されたかと思いきや、今度は勝手にキーボードの文字が連続入力される・・・で、また切断されて再接続される。

こんな異常が突然発生したので、またiMacの問題かな??と思っていろいろを調べていくと、今回の問題の原因は意外なところにありました。

Bluetoothのキーボードが切断・再接続を繰り返す原因

使っているキーボードはこれです。Macのワイヤレスキーボード。(今はもう売ってないのかな?)
BluetoothのMacキーボードの挙動が突然おかしくなった原因について (画像出展:Amazon)

で、今回のわたしのケースですが、結論からいうと「キーボードの電池」が原因でした。

電池残量は画面でも確認できるので100%だったのは分かっていたし、あと、電池残量が低下したらいつも知らせれくれてたんで・・・まさかここに問題があるなんて思いもしなかったです。

で、キーボードの電池を変えたら、Bluetooth切断→再接続の問題はあっさり解消しました。


Bluetoothキーボードの通信切断問題の検証について

とは言え、解決に至るまでに行った検証は以下の通り。
・Wifiを接続し直し
・キーボードの再起動と再接続テスト
・BluetoothのOFF/ONのテスト
・Macの再起動
・MacのPRAMクリアとハードウェアテスト
・Macのディスクユーティリから検証
・MacのOS入れ直し
とにかくいろいろやりましたw

Wifi干渉」の問題もあるような記事を見たんですが、キーボードは今まで普通に使えていから、これは問題ないかな。。。


ハードウェアの問題か?OSの問題か?キーボードの問題か?

ということで、どこに問題があるのかを絞り込でいくことにしたんですが、まずは「キーボード」。

キーボード自体の電源を何度も入れ直ししけど、やっぱりダメでした。Mac側でBluetoothのOFF/ONもしましたが、キーボードの接続は今までどおり行うものの、これもすぐに切断されちゃう。。。

で、次は「Mac本体」の方を調べようと思い、マシンを一旦落としてからケーブルなどを全て抜いて、1分くらいしてから差し直す。そして「PRAMクリア」までやってから再起動すると…

改善した!!」…と思いきや…やはり、テキストエディタで文字を書いている最中に、切断→再接続の現象が再発してしまいました。


やっぱりキーボードの問題か??

ハードウェアテストやMacのOS検証までやっても改善されなかったんで、「これはやっぱりキーボードの問題じゃないかな?」と。。。

なので、改めてキーボードの方に目を向けてみると、もう考えられる原因は「電池」しかない訳です。キーボードのキー自体は全部反応すんで、やっぱり電池がアカンのか?…と。

「まさかw」とは思い、家に余っていた電池に入れ替えると・・・

切断しなくなった!!!


ワイヤレス機器の場合、電池の問題もあるんじゃね?ということ

電池そのものの異常か?それとも電池残量の表示がおかしいのか?この辺までは分かりませんでしたが、OSの入れ直しとかまでやるとさすがに面倒なんで、今回のような問題が起こった時は、電池を変えて試してみるのも良いんじゃないかと思います。

あと、同じBluetoothを使うワイヤレスマウスでも使える手だと思いますので、似たような症状で困っている人は、ぜひ参考にしてもらえればと思います♬



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください