• RSS

[Mac]privateフォルダに生成される sleepimage を削除する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前の記事でも紹介させていただいたGrandPerspective.appを使ってわたしのMac BookのHDDをスキャンした結果、かなりの容量を占めていることが分かったsleepimageというファイルを削除する方法をまとめました。

sleepimageについて

そもそもこのsleepimageとは何か?

ハードディスクの/private/var/vm/という不可視領域に生成されているので、触るのにすごく抵抗があるファイルなのですが…Appleのサポートページでは以下のように説明がありました。

一部のノート型Macはセーフスリープに対応しており、メモリの内容はsleepimageというファイルに保存される。
https://discussionsjapan.apple.com/docs/DOC-1081

つまり、スリープ時に電源が切れてしまっても大丈夫なように、メモリの内容を保存するために必要(セーフスリープ)なファイルということのようです。


sleepimageを削除する

とは言え、容量の占有率があまりにも高くなってしまっている場合は、削除してしまうのも手です。
sleepimageを削除する場合はMacのターミナルを起動し、以下のコマンドを入力(実行)します。


sleepimageを生成しないようにする

Mac Bookでは最初からsleepimageが生成されるような設定になっていますが、以下のコマンドを入力することでsleepimageを生成しないようにすることも可能です。

hibernatemode=0 はデスクトップMacの初期状態のようです。
しかし、電源が必須のMac Bookの場合は個人的には危ないかな…と思いますが、一応こういう設定変更も可能なようです。

sleepimageを生成する

逆に、sleepimageイメージを生成するようにするには、以下のコマンドを実行します。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください