• RSS

[Mac]Windowsでも読み込めるようにMacでUSBをフォーマットする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

市販のUSBはWindowsでもMacでも両方使えるように、すでにフォーマットされているので問題ないのですが、

MacでUSBをフォーマットし直す際に、誤ってOS X 拡張形式を選択するとWindowsのマシンでUSBが認識しなくなってしまうため、exFAT (Extended FAT)形式でフォーマットするようにします。
(毎回自分が忘れるので今回は備忘録です…)

ディスクユーティリティでexFATでフォーマット

MacにUSBを接続したら、ディスクユーティリティを起動します。
Windowsでも読み込めるようにMacでUSBをフォーマットする方法

フォーマットしたいUSBが選択された状態で「消去」ボタンをクリックします。
Windowsでも読み込めるようにMacでUSBをフォーマットする方法

フォーマットなどを選べるようになりますので、各項目は以下のように入力・選択します。
Windowsでも読み込めるようにMacでUSBをフォーマットする方法

名前

半角英数字でわかりやすい名前を入力します。

フォーマット

FATexFATのいずれかを選択します。

USBメモリの容量が最大4GBのものを使っている場合はFAT形式になりますが、今は8GBや16GBなどUSBの容量がどんどん大きくなってきているので、ほとんどexFAT形式で問題ないかと思います。


方式

「マスターブートレコード」や「GUIDパーティションマップ」などがありますが、WindowsとMacの両方の環境でUSBを使いたい場合はマスターブートレコードを選択します。


セキュリティオプション

こちらは必要に応じて設定してください。「最も安全」に近ければ近いほど、ディスクの書き換え回数が多くなるので、フォーマットに時間がかかります。
Windowsでも読み込めるようにMacでUSBをフォーマットする方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください