• RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Android ブラウザでスマホサイトのデザインや挙動を確認するため、Mac にAndroid SDK をインストールした時の方法を備忘録としてまとめました。

今回、Javaの開発環境であるEclipse などを入れるステップは省略させていただき、Mac でAndroid エミュレータを動かすために必要な「Android SDK Mac」のインストール方法と、「Android仮想デバイス(AVD)」の設定方法の2 回に分けて紹介させていただきます。

Android SDK Mac のインストール

以下のサイトから、Android SDK をダウンロードします。

Android SDK Mac のインストール方法

Android SDK | Android Developers ページより「Download the SDK」ボタンクリックして、利用規約に同意後にパッケージをダウンロードします。
Android SDK Mac のインストール方法

今回ダウンロードしたのは、「adt-bundle-mac-x86_64-20140321.zip」というフォルダです。
※当方、Mac のMountain Lion 10.8.5 でSDK のインストールと動作検証を行っています。

ZIP フォルダを解凍後、お使いのMac の「アプリケーション」に「adt-bundle-mac-x86_64-20140321」フォルダごと入れて、adt-bundle-mac-x86_64-20140321/sdk/tools/android のファイルをクリックして実行します。
Android SDK Mac のインストール方法

警告が出ますが「開く」ボタンをクリックします。
Android SDK Mac のインストール方法

Android SDK の設定

ターミナル起動後に「Android SDK Manager」が開きます。
Android SDK Mac のインストール方法

Android SDK Manager」ウィンドウには色んなパッケージが用意されていますが、今回はAndroid 4 を使ってみたいので、幾つか4 系のパッケージにチェックを入れてから、右下の「Install ○ packages」ボタンをクリックします。
Android SDK Mac のインストール方法

インストールするパッケージ毎にライセンスに同意して「Accept License」ボタンをクリックします。
ボタンを押すと画面左のPackages 内にチェックが入りますので、全部チェックが終わってから画面右下の「Install」ボタンをクリックします。
Android SDK Mac のインストール方法

インストール完了後、Android SDK Manager の再起動を行います。

この後にAndroid 仮想デバイス(AVD)の設定を行えば、Mac のデスクトップ上でAndroid のブラウザを起動して、サイトのチェックなどできるようになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください