• RSS

[JS]HTML5でマークアップする際に「html5shiv」でIE下位バージョンにも対応させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

HTML5 でマークアップをする場合、IE下位バージョン(8以下)がそもそもHTML5のタグが対応していない…という理由で、IE8以下でもHTML5 のタグを使えるようにするためのjavascript html5shiv.js を使う機会も多いと思います。

そこまでしてIE下位バージョンに対応させる必要があるか?については今回は置いておいて、html5shiv の簡単な取り扱い方を紹介します。

html5shiv.js のダウンロード

Google Code でhtml5shiv のjavascriptファイルが公開されています。


html5shiv.js の設置

Google Code から直接html5shiv.js ファイルを引き込む方法もありますが、これが原因で過去に痛い思いをしているので、個人的にはhtml5shiv のjavascriptファイルをダウンロードしてから、js/フォルダなどに入れて<head>に設置するようにしています。
<!--[if lt IE 9]>
<script src="./html5shiv.js"></script>
<![endif]-->


HTML5 の新要素をブロック要素として表示

IE下位バージョン向けに、section などのHTML5 の新要素をブロック要素として表示させる(display:block)ことで、レイアウト崩壊を防ぎます。
header, footer, nav, section, article, figure, aside, hgroup, figure, figcaption {
display: block
}



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.