• RSS

[WP]ログインせずに下書き保存記事が確認できるプラグイン「Public Post Preview」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressで、記事を公開前にログインユーザー以外の複数の人に確認してもらいたい場合に便利なPublic Post Previewプラグインのご紹介です。

Public Post Preview は、投稿画面で記事を下書き保存すると、非ログインユーザーでも閲覧可能な外部確認用のURLを発行することができます。

Public Post Preview プラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Public Post Preview を検索するか、以下のページからプラグインファイルをダウンロードします。



下書き記事の外部確認を許可する

Public Post Previewプラグインを有効化したら、管理画面の記事投稿画面へ進み、公開ボックスの中に「外部確認を許可する」のチェックボックスが表示されていることを確認します。


「外部確認を許可する」にチェックを入れると、URLが表示されますのでコピーします。


「下書きとして保存」ボタンをクリックした後、先ほどコピーしたURLを共有すれば、非ログインユーザーでも記事を閲覧することができるようになります。

Public Post Preview プラグインでは非公開の記事は外部確認できないようです。非ログインユーザーに見てもらうためには、下書き状態にしておく必要があるようです。


外部確認用URLの有効期限

Public Post Previewで発行された外部確認用URLの有効期限は、デフォルトで48時間です。

48時間を超えても外部からの閲覧を許可をしたい場合は、ご利用のテーマのfunctions.phpに以下のようなコードを追加するか、

Public Post Preview Configurator というプラグインを別途インストールすることで、有効期限をコントロールできるようになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください