• RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヘテムルサーバでは共用SSL機能が標準実装されていますので、管理画面の「共用SSL」ページで表示されるアドレスを使って、共用SSLでサイトにアクセスすることができます。

.htaccess などでリダイレクトの設定とかも必要かもしれませんが、今回は共用SSL の基本的な使い方の紹介です。

ヘテムルの管理画面で、共用SSLのチェック


[PR]マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と
150GBの大容量なサーバー環境が月額 1500 円!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』

ヘテムル管理画面から「共用SSL」ページへアクセスすると、以下のようなアドレスが表示されているかと思います。
ヘテムルサーヘテムルサーバで共用SSLを利用する方法バで共用SSLを利用する方法

この https://sample.heteml.jp/ が共用SSLのURLになります。


ドメインが複数管理されている場合

ヘテムルサーバでは 1契約でドメインを無制限に設定できます。

ここで注意点ですが、複数のドメインを管理している場合は「ドメイン別」に共用SSL のURL にアクセスする必要があります。

例えば、ヘテムルサーバで「testsite.net」のドメインを設定している場合、上記共用SSLの後ろにドメイン名を付けて
https://sample.heteml.jp/testsite.net/
のようにアクセスする必要があります。


特定のディレクトリで SSL を有効化

Facebookページを作る際はセキュアで保護されたページを設定(セキュア通信設定)する必要があります。

例えば、http://www.testsite.net/ というURLで、そのサイトの中の「facebook/」ディレクトリで SSL を有効にする場合は
https://sample.heteml.jp/testsite.net/facebook/
のようになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください