• RSS

IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回のIFTTT でWordPressの投稿記事をTwitter に連携させる方法に続いて、今回はWordPress とFacebook(個人)の連携を試してみたいと思います。

Twitter 連携でIFTTT 側の基本設定(WordPress側の設定)が済んで入ればFacebook への連携は比較的楽に終わりますが、今回もWordPress 側の下準備からIFTTT でのWordPress、Facebook の各設定方法まで、順を追って紹介させていただきたいと思います。

まずは下準備

もし、初めてIFTTT を利用する場合、WordPress側の下準備が必要になります。

IFTTT を利用してWordPress の投稿記事を他のSNSに連携させる場合ですが、下準備としてWordPress 管理画面メニュー 設定 > 投稿設定 > リモート投稿より
XML-RPC XML-RPC
WordPress、Movable Type、MetaWeblog および Blogger XML-RPC 投稿プロトコルを有効にする。
の項目にチェックを入れておく必要があります。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Facebook は個人のアカウントがあれば問題ないです。


IFTTT の設定(Recipe の作成)

IFTTT では複数のSNS連携を設定・管理することができますが、個々の設定を Recipe というメニューで管理していきます。
新しくRecipes を作成する場合は、画面上部の「My Recipes」をクリックします。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Create a Recipe」ボタンをクリックします。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

「if this then that」の「this」リンクをクリックします。文字が大きくて分かりやすいですwww
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Choose Trigger Channel の中から WordPress を選択します。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

連携元(WordPress)の設定

連携元となるWordPress ブログのURL とWordPress 管理画面アクセス時(ログイン時)のアカウントを入力します。
※この時(1)で設定した「リモート投稿」にチェックが入っていない場合はエラーで跳ね返されます。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

接続に成功すれば「Continue to the next step」をクリックします。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Choose a Trigger の画面に移動しますので、「Any new post」か「New post with tag or category」を選択します。WordPress の投稿記事をそのままFacebook のタイムラインへ吐き出すか?特定のタグ、もしくはカテゴリのある記事を連携させるか??という選択になります。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

特定のタグ、もしくはカテゴリの場合は、次の画面でタグ、カテゴリを登録して「Create Trigger」ボタンをクリックします。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

連携先(Facebook)の設定

WordPress側の設定が終わったので、今度は連携先の条件を設定します。

今回はFacebook ですので、Facebook のロゴマークをクリックして認証ページに遷移します。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

「Active」ボタンをクリックして、その後に表示される認証を済ませます。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

認証が終わると「Continue to the next step」ボタンをクリックします。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Facebook 側のAction の設定ですが、
Create a status message

This Action will create a new plain text status message on Facebook.
が、WordPress の投稿記事をFacebook のタイムライン上に投稿するための標準設定だと思います。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

最後にFacebook のタイムライン上に出力する情報の調整になります。

WordPress 側の追加設定もできますので、必要に応じてページ右のセレクタの中から出力項目を選択して、上の青い矢印ボタンをクリックします。このアクションはTwitter 設定時同様、複数選択が可能です。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

Create Recipe」ボタンをクリックすると、Recipie が出来上がります。Description 欄には必要に応じて今回作成したRecipie の説明文を書いておきます。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

注意点としては、Twitter との連携時にも記載させていただきましたが、
Personal Recipes are checked once every 15 minutes. When you turn a Recipe off then back on, it resets as if you had just created it.
とありますので、WordPressから記事を投稿しても、Facbeook側(連携先)へ即反映される訳ではないようですね。。。


連携の確認として、WordPressから試しに投稿してみる

Facebook 側の設定も終われば、WordPress 管理画面から試しに記事を投稿してみます。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法

するとFacebook 側への反映も行われました。


WordPress からの記事投稿直後にIFTTT ページの「Check now」ボタンをクリックすれば、瞬時にFacebook 側に出力してくれる場合もあります。

Twitter とFacebook に両方連携している場合、それぞれのレシピの「Check Now」をクリックすると、早い段階でWordPress の投稿記事がSNS 上に反映します。
IFTTT でWordPressの投稿記事をFacebook(個人)のタイムラインに連携させる方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください