• RSS

[WP]CDNから画像を読み込ませる「Jetpack Photon」の利用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメントやSNS 連携、サイト統計情報などの機能を有した多機能プラグイン「Jetpack」の中でも、個人的に重宝している機能の1 つが、今回紹介させていただく「Jetpack Photon」です。

Photon は投稿時にアップロードした画像ファイルなどを外部に分散してキャッシュできるサービス(CDN)で、これによりブログ本体のサーバーの負荷が軽減されるようですので、サイトの表示速度の向上が期待できます。

Jetpack Photon の使い方

WordPress 管理画面からJetpack ページへ進みます。
CDNから画像を読み込ませる「Jetpack Photon」の利用方法

※Jetpackのインストール方法はこちらの 多機能プラグイン「Jetpack by WordPress.com」の機能紹介とインストール方法 の記事を参考にしてみてください。

Jetpack 内に「Photon」のメニューがありますので「有効化」ボタンをクリックします。
CDNから画像を読み込ませる「Jetpack Photon」の利用方法

Photon を有効化しても管理画面の見た目上、何か大きな変化が起こるわけではありませんが、投稿記事から画像をアップロードして記事を公開してみると、↓画像上の赤枠のようにURL が変わります。
CDNから画像を読み込ませる「Jetpack Photon」の利用方法

Photon を無効化する

Photon を使わくなったので無効化したい場合は、「さらに詳しく」ボタンをクリックしたら出現する「停止」ボタンをクリックします。
CDNから画像を読み込ませる「Jetpack Photon」の利用方法

Photon はキャッシュを無効化できない

やや引っ掛かる点としては、Photon にはキャッシュ無効化はない…という点。

キャッシュされた画像を上書きでアップし直しても更新されないので、間違った画像をアップした場合などは新しい画像名で再度上げ直す必要があります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください