• RSS

[WP]replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ここまで複数回にわたって紹介させていただいているGoogle Search Consoleで監視対象のURLが増加している件ですが、今回はreplytocomのURLパラメータに関する調査と対応をしました。

?replytocom=パラメータについて

replytocom=とは、ブログのコメントに返信するたびに生成されるURLパラメータです。

Replytocom is for blogs which allow replies to comments. So whenever you “Reply” to comments, you will see a link like this:

https://www.shoutmeloud.com/services?replytocom=7062
https://www.shoutmeloud.com/how-to-fix-replytocom-links-issue-in-wordpress.html


基本的には重複しないよう、Googleのクロール拒否をしていくのが良いかと思いますので、
前回までの記事と同様の手順で、Google Search Consoleのクロール設定の変更を行います。


?replytocom=のURLパラメータをクロール除外にするる

Google Search Consoleへアクセスし、「クロール」>「URLパラメータ」ページへ進みます。
replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法

replytocom=パラメータの「編集」ボタンをクリックします。
replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法

このパラメータで、ユーザーに表示されるページ コンテンツが変化しますか?

まず1つ目の設定は「はい、ページコンテンツを変更、並び替え、または絞り込みます」を選択します。
replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法

このパラメータがページのコンテンツに与える影響を選択してください。

2つ目は「ページ指定」を選択します。
replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法

このパラメータを含む URL のうち、Googlebot でクロールする URL を選択してください。

最後は「クロールしない」を選択してから、「保存」ボタンをクリックします。
replytocomのURLパラメータをクロール拒否にする方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください