• RSS

[WP]DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressのデータベースとファイルのバックアップができるプラグイン「BackWPup」のご紹介です。

BackWPupは、バックアップを定期的に実行できる以外にも、Dropboxなどの外部サービスに連携してバックアップファイルを保存できたり、投稿データのXMLエクスポートやデータベーステーブルの検証までできる、高機能なバックアッププラグインです。

BackWPupプラグインのインストール

管理画面のプラグイン新規追加より BackWPup を検索するか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方


BackWPupによるバックアップ設定

BackWPup プラグインを有効化したら、管理画面左メニューの「BackWPup」>「Dashboard」をクリックします。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

Dashboardページへ遷移しますので「Add a new backup job」リンクをクリックします。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

General

まずはバックアップの基本設定(JOBの作成)から行います。

Job Name

分かりやすいJOBの名前を入れます。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

Job Tasks

バックアップの対象を指定します。(複数選択することが可能です)
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Database backupデータベースバックアップ
File backupWordPress ファイルのバックアップ
WordPress XML export投稿データなどをXMLでエクスポート
Installed plugins listインストール済のプラグインリストのダウンロード
Check database tablesデータベースの検証と最適化

Backup File Creation

アーカイブファイル(バックアップファイル)の名前とフォーマットを指定します。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

Job Destination

バックアップファイルの保存先を指定します。
Dropboxなどの外部サービスへの連携も可能ですが、今回は「Backup to Folder」にして、サーバー上にバックアップを保存するようにします。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Backup to FolderWordPressがインストールされたサーバー上に
バックアップを保存
Backup sent via emailバックアップファイルを指定のメールアドレス宛に送信
※バックアップファイルの容量が大きいとメールの送信ができない場合があります。
Backup to FTP外部のFTPサーバー上にバックアップを保存
Backup to Dropbox左記の各種サービスに連携してバックアップを保存
Backup to an S3 Service
Backup to Microsoft Azure (Blob)
Backup to Rackspace Cloud Files
Backup to SugarSync

Log Files

ログファイルをメールで送信するかどうかの設定を行います。
メールで送信する場合はアドレスを指定しますが、メールを送らない場合は空値でも良いです。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Send log to email address送信先メールアドレス
Email FROM fieldメールのタイトル
Errors onlyエラー時だけメールを送信する場合はチェックを入れます。


Schedule

続いて「Schedule」タブをクリックして、バックアップ方法とバックアップスケジュールの設定を行います。

Job Schedule

まずはStart Job にてバックアップの方法を選択します。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
manually only手動でバックアップ
with WordPress cronWordPressのcron処理を利用してバックアップ
with a link…表示されたURLにアクセスするとバックアップを実行

「with WordPress cron」を選ぶと、ページ下部でバックアップスケジュールを設定できるようになります。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Scheduler typebasic/advancedのいずれかを選択
Schedulerバックアップのスケジュールを選択します。
今回は、dailyの0:00(毎日0:00)に設定しました。


DB Backup

「General」メニューの「Job Tasks」で「Database backup」を指定している場合に設定します。

Settings for database backup

バックアップ対象のテーブルやsqlに関する設定を行います。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Tables to backupバックアップするテーブルにチェックを入れます。
Backup file namesqlのファイル名を指定
Backup file compression圧縮に関する設定


Files

「General」メニューの「Job Tasks」で「File backup」を指定している場合に設定します。
ここでは、WordPressのフォルダやファイルのバックアップに関する設定を行います。

Folders to backup

まずはバックアップの対象フォルダにチェックを入れ()、その中で除外するフォルダがあればExclude内の項目にチェックを入れます。(
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Backup WordPress install folderWordPressのインストールフォルダ
Backup content folderwp-content/フォルダ
Backup pluginswp-content/pluginsフォルダ
Backup themeswp-content/themesフォルダ
Backup uploads folderwp-content/uploadsフォルダ
Extra folders to backupその他の除外フォルダがあればカンマ区切りで指定

Exclude from backup

バックアップから除外するファイルの設定(拡張子の指定)を行います。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Thumbnails in uploadsuploads/フォルダからサムネイルを除外する場合はチェックを入れます。
Exclude files/folders from backupバックアップ対象外のファイルをカンマ区切りで指定

Special options

wp-config.php、htaccessなどのファイルをバックアップに含めるかどうかの設定を行います。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Include special files以下のファイルをバックアップする場合はチェックを入れます。
wp-config.php, robots.txt, nginx.conf, .htaccess, .htpasswd, favicon.ico
Use one folder above as WP install folderサイトアドレス (URL)とWordPress アドレス (URL)が異なる場合は、チェックを入れることで上記ファイル(wp-config.phpなど)のバックアップを行います。


XML export

「General」メニューの「Job Tasks」で「WordPress XML export」を指定している場合に設定します。
投稿や固定ページのデータをXML形式でエクスポートする上での各種設定を行います。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Items to exportエクスポートする投稿タイプなどを選択
XML Export file nameエクスポート時のXMLファイル名を指定
File compressionエクスポートファイルを圧縮するかどうか指定


Plugins

「General」メニューの「Job Tasks」で「Installed plugins list」を指定している場合に設定します。
こちらは、インストール済みのプラグインリストを書き出す上での各種設定を行います。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方
Plugin list file nameプラグインリストのファイル名を指定
File compressionファイルを圧縮するかどうか指定


To: Folder

「General」メニューの「Job Destination」で「Backup to Folder」を指定している場合に設定します。
バックアップの保存先と、バックアップ保存数の上限を指定します。
DBもファイルも定期処理でバックアップできる「BackWPup」プラグインの使い方

Backup settings

Folder to store backups inバックアップの保存先フォルダの指定
File Deletionバックアップ保存数の上限の設定



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.